矯正治療

歯並びのことでお悩みではありませんか?

歯並びや噛み合わせが悪いと、以下のような影響が現れる場合があります。

  • 虫歯や歯周病にかかりやすくなる
  • 物が上手く噛めなくなる
  • 発音や滑舌が悪くなる
  • 顔が歪んでしまうことがある
  • 顎が曲がって成長することがある
  • 肩こりや頭痛などの、不定愁訴の原因となることがある
  • 姿勢が悪くなったり、背骨が曲がったりすることがある
  • 詰め物を詰めるなどの治療が行いにくくなることがある

歯並び・噛み合わせが悪くなる原因

歯並びや噛み合わせが悪くなる原因は様々ですが、主な原因の1つに、「左右どちらかだけの歯で物を噛む癖が付いてしまったことで、バランスが崩れている」ということが挙げられます。歯並びや噛み合わせの悪さは、矯正治療により改善させることが可能です。矯正治療により歯並びや噛み合わせを改善させることで、お口まわりの印象を良くすることができるだけでなく、物が均等に噛めるようになるため、歯や歯茎の健康維持にも効果を発揮し、さらには全身の様々な症状を改善に導くことができるようになります。

主な不正咬合

叢生(そうせい)

歯が重なり合って生えている状態です。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎が下顎よりも前に出ている状態です。一般的に「出っ歯」と呼ばれるものが、これにあたります。

空隙歯列(くうげきしれつ)

歯と歯の間に隙間がある状態です。一般的に「すきっ歯」と呼ばれるものが、これにあたります。

反対咬合(はんたいこうごう)

下顎が上顎よりも前に出ている状態です。「受け口」とも言われます。

開咬(かいこう)

歯を噛み合わせた時でも、奥歯だけが噛み合って、前歯が噛み合わずに上下に開いている状態です。

目立ちにくい矯正治療

矯正治療を検討されている方の中には、「矯正装置が目立つのは嫌」という方もいらっしゃるかと思います。そうした方におすすめなのが、「インビザライン」や「舌側矯正」などの目立ちにくい矯正治療です。

インビザライン

インビザラインとは、患者様の歯型から作製したマウスピースを装着することで、歯を動かしていく矯正治療です。1日20時間以上装着し、約2週間に1回新しいマウスピースに交換することで、少しずつ歯を整えていきます。コンピュータの3Dシミュレーションにより、実際にどのような歯並びになるか、視覚的に確認して頂くこともできます。
マウスピースは透明なので、装着してもほとんど目立つことはありません。また、患者様ご自身で取り外すことができるので、矯正治療中も食事を楽しんだり、歯磨きなどのケアをきちんと行ったりすることができます。

インビザラインのメリット
  • 矯正装置として装着するのは透明なマウスピースなので、ほとんど目立たない
  • マウスピースは患者様ご自身で取り外せるので、違和感なく食事を楽しむことができる
  • マウスピースは患者様ご自身で取り外せるので、毎日の歯磨きもきちんと行える
  • ホワイトニングも同時に行うことができる

舌側矯正

舌側矯正とは、歯の裏側に矯正装置を装着することで、歯を動かしていく矯正治療です。歯の裏側に装置を装着するので、お口を開けて笑った時でもほとんど目立ちません。接客業や営業職など、人前で話をする機会が多い方におすすめです。

また、歯の表側に装置を装着する通常の矯正装置と比べて、舌側矯正では唾液がよく循環するため、お口の中で菌の繁殖が起こりにくく、虫歯になりにくい環境にすることができます。ですので、矯正装置を装着することで、虫歯などの病気にかかるリスクを高めたくないとお考えの方にもおすすめの治療方法です。

当院では「インコグニート矯正装置」による治療も行っております

当院では、「インコグニート矯正装置」による治療も行っております。これは、従来の舌側矯正装置よりも格段に薄く、かつ治療期間を早めることが可能な装置です。ご希望の方は、お気軽に当院までお問い合わせください。

今すぐかんたんネット予約
  • 親子で一緒に考えるお子さんの矯正治療専門NAVI
  • 八尾市 中田 もりかわ歯科・矯正歯科
  • かわぐち歯科・矯正歯科 クリニックブログ
side_btn.png